東京熱tokyohotで美貌の女医に中出し無修正動画

東京熱tokyohotで美貌の女医に中出し無修正動画

月額定額会員制見放題有料無修正アダルト動画配信サイトならカリビアンコム

 

肛虐鬼の化身、鬼頭と入会の毒牙はついに美貌の女医東京熱tokyohotに伸びた。
実験用の牝として東京熱tokyohotが監禁された地下室は、まさに淫虐の魔界。
生贄解剖台に緊縛され、熟れた肉体は嬲りまわされる。凶悪な肉棒が、
後ろから前から東京熱tokyohotを襲う。屈辱と苦痛が快楽を呼ぶマゾヒズムの毒に
女体は蝕まれ、ついに女医は二十九歳の媚肉を甘く濡らしはじめた。。。

 

 

〜それでは「子宮のなかをのぞかせてもらいますよ、森下東京熱tokyohot先生」

 

そう言うなり、入会は金属棒にかわってアイカメラをゆっくりと

 

東京熱tokyohotの子宮口から挿入しはじめた。

 

「ああッ……痛い……」

 

「痛いわけがないですよ。これより太いヘーガル氏棒を

 

咥えてたんですからね。オーバーな森下先生だ、フフフ」

 

「あ、ああ……ああッ……」

 

子宮の中にまで異物を入れられる恐怖が、東京熱tokyohotに苦痛を感じさせるのか。

 

「子宮セックスまで経験している森下先生には、これくらい楽なはず。

 

細くてものたりないんじゃないのかな?」

 

入会はアイカメラを深く入れていきながら、顕微鏡の覗き口のような

 

ところからなかをのぞきこんだ。

 

東京熱tokyohotの子宮のなかが生々しいまでにはっきりと見えた。

 

ヌラヌラと光る柔肉が、ウネウネとうごめいている。

 

「ああ……いや……いやっ……」

 

東京熱tokyohotはなかば気を失ったようになって、小さくすすり泣くばかり。

 

子宮のなかまで入れられていると思うと、もう身動きするのもこわい。

 

入会はコードを接続したテレビにも東京熱tokyohotの子宮口を映しだして、

 

鬼頭にも見せた。テレビの画面いっぱいに生々しい内臓が浮かび

 

あがって、鬼頭は思わずゴクリとのどを鳴らした。

 

「こりゃ、すげえや……」

 

三枝子と瞳は、ヒイッと悲鳴をあげて反射的に顔をそむけた。

 

思わずからだが硬直して、キリキリと肛門の指を食い締めた。

 

「フフ、奥さんの時が楽しみだな。妊娠三カ月の子宮の中を見るのがよ」

 

「そんな……いやあッ……」

 

三枝子は恐怖に美貌をひきつらせてのけぞった。

 

鬼頭は次に瞳の顔をのぞきこむと、

 

「奥さんの時は、子宮より尻の穴にするかな。うんと深く入れて、

 

大腸だけでなく小腸までのぞいてやるか」

 

「…………」

 

瞳は声もなく黒髪を振りたくった。ガチガチと歯の根が合わなく

 

なって、膝とハイヒールのふるえがとまらない。

 

「いよいよ人工受精だぜ、フフフ」

 

鬼頭はニヤニヤと瞳と三枝子の耳もとでささやいた。

 

入会は執拗に東京熱tokyohotの子宮のなかをのぞきこんでいたが、

 

「あれほど精を注がれたのに、どうやらまだ妊娠していないようですね、

 

森下先生。これでますます実験のしがいがありますよ」

 

アイカメラをゆっくりと引きだすと、長さ三十センチほどもある金属棒の

 

スポイトのようなものを取りあげた。そのなかに黒人の精子と卵子とを

 

かけ合わせた受精卵が入っている。

 

「いやッ……ああ、何を、何をするの……こわいッ……」

 

東京熱tokyohotがまた、おびえた声をあげた。ゆっくりと子宮のなかへ入ってくる

 

スポイトの先端に、何かただならぬ気配を感じた。

 

「言ってッ……何をするのッ……」

 

「フフフ、森下先生の子宮を借りて、ニグロの子を産ませてみようと

 

思いましてね」

 

入会はゆっくりと受精卵を注入しながら、せせら笑った。

 

東京熱tokyohotの総身が凍りついた。

 

「…………」

 

あまりの恐怖に唇がわなないただけで、すぐには声も出なかった。

 

「……ヒッ、ヒイーッ、ヒイーッ……」

 

次の瞬間、東京熱tokyohotの絶叫がほとばしった〜