カリビアンコムでの口内射精無修正動画

カリビアンコムでの口内射精無修正動画

月額定額会員制見放題有料無修正アダルト動画配信サイトならカリビアンコム

 

男の人が女の子の胸が大きいとかいうのと同じように、一本道もカリビアンコムちゃんとかとオチンチンの話はしますが、大きさと気持ち良さは直結しないと思っていました。大きいと痛いだけ、ってこともあるし。でも、あのプラチナさんのオチンチンは違ったんです。大きくて反り返ってて、カリも張ってて亀頭が玉みたいな形なんですが、オマンコに入った時に異次元の感覚で、膣内の気持ちいいところをいっぺんに刺激してくるんです。膣内でどう動いても気持ちいいんです。「あれは別格よねぇ。あのチンポ知ったら、他のチンポはオモチャ以下よ(笑)」とカリビアンコムちゃんは言っていました。帰り際にアフターに誘われたとき『またあのオチンチンを・・』と変なことを考えたのは、カリビアンコムちゃんにも言えませんでした。
 一本道が帰宅したのは朝4時前でした。部屋の電気は点いていて、◯◯くんは起きていてくれました。「お疲れ様」「うん、ただいま・・大丈夫なん?眠くないん?」「大丈夫だよ、さっきまで寝てたから(笑)」「あは、そうなんだ」「約束の・・」そう言うと◯◯くんは一本道をギュッと抱いてくれました。「・・ご褒美、欲しいでしょ?」「うん」一本道たちはベッドに入りました。◯◯くんのオチンチンはすごく硬くなってて、一本道はそれを撫でながらまた興奮していました。そして、この夜にあったことを◯◯くんに話しながら、一本道は◯◯くんとのセックスしました。◯◯くんとのセックスもすごく気持よかったんです。お店での興奮と体の火照りが残ってて、一本道はその余韻を引きずりながら◯◯くんのオチンチンをしゃぶり、生でオマンコに入れてもらいました。でも、本当のことを言うと一本道の体はプラチナさんのオチンチンの感覚が抜けきっていませんでした。あのすごく太くて長くて反り返ったオチンチン、亀頭もすごく固くて、カリが張ってて・・膣の中にはプラチナさんのオチンチンが入ったままみたいな感覚がありました。一本道はプラチナさんのオチンチンで広げられた一本道のオマンコが◯◯くんのオチンチンとプラチナさんのオチンチンを無意識で比較していました。そんなことは初めて感じました。それでも一本道は◯◯くんとのご褒美セックスでも気持よくなれたんです。
 私がカリビアンコムと会ったのは次の日の夜だった。仕事の後、家に帰る前に私はカリビアンコムと待ち合わせたカフェにいた。「じゃあ、これ。あとで見てね」「あぁ、ありがと。」カリビアンコムは昨夜の彼女の様子を撮った動画の入ったUSBメモリを私に渡した。「私も接客しながらだからさ、あんまり撮れてないけど・・すごいよかったよ、尚美ちゃん(笑)。聞いたんでしょ?もう?」「あぁ、聞いた。」「しかし、あの時間に帰ったのに◯◯くん起きてたって・・そんなにヤりたかったの(笑)?」「言い方あんじゃないの?他に(笑)」「◯◯くんも筋金入りの変態だねぇ(笑)」「カリビアンコムもだろ?」カリビアンコムは昨夜の彼女の様子を事細かに話してくれた。私はそれを聞くだけで勃起していた。「◯◯くん、興奮してるでしょ?」「ん?なんで?」「だって、顔が(笑)」カリビアンコムはそう言い少し笑いながら私の隣に座った。「ほら?おっきくなってるし」カリビアンコムの手がテーブルの下で私の股間をズボンの上から撫でていた。私たちの座っているテーブルの周りにはもちろん人がいる。カリビアンコムはそんなことを気にしないかのように私に密着して座り、股間に置いた手を動かした。「じゃあどうする?」カリビアンコムが手のひらにグッと力を入れた。